2017年9月22日金曜日

意思と意志

僕は今まで、自分は神経質な人間だ、とか人に対して恐怖しがちだ、とか色々と勝手に自己分析をしては、自分はそういう人だから こう言う場所には行かないだとか、こう言うタイプの人は苦手 とどんどん行動範囲を狭めてきたと思う。

しかし 今現在の僕は果たして本当に神経質なんだろうか?本当に人嫌いなんだろうか?
と考えると、それは今まで経験してきた過去のデータをとおしておおよそこんな人間だろうと思い込んでいるだけで、実際は神経質だとも無神経だとも言えないのでは?と思う。

人間はその日一瞬一瞬の思いと意志で行動する。例えば、今日は天気が良いから山に登ってみよう!朝眠いけど頑張って仕事行こう。
逆にポーッとしていて、気が付けば夕方になっていた、 また上司の前で緊張して言いたい事が言えなかった、など様々。

そうゆう事の連続で自分はどう言う人だと言うキャラクターが決まって行き、やがては俺は意志が強いだとか、神経質だとか勝手に思い込む。あげくの果てには、例えば緊張するタイプの人だと、上司の前では言いたい事を恐らく言わないだろうな、などと事前に決めつけて、実際にやはり何も言えなかった、と言う風に。

しかしこれは、自分の「俺は気が小さい」と言う思い込みが、何も言えない自分に誘導していると言う事になるのでは?と思う。

人間は一瞬一瞬の意思や意志によって次の行動にでる。仮に自分は神経質だと自己評価している人でも、この瞬間から神経質はやめた!と思えば、一瞬にして人は変われるものだと思うようになってきた。
何故かと言うと、神経質だと言う自己評価は過去の経験から生まれた幻想であり故に、現在の自分に決して当てはまるとは言えない。
逆に言えば、この一瞬の意志判断によって劇的に変化する可能性をもっていると言える。にも関わらず、俺は神経質だからと言う過去の幻想にとらわれ、その一瞬一瞬のチャンスを今まで通りのネガティヴな性質に流れてしまうのは、もったい無い事だと考える様になった。

画家の岡本太郎さんは、「自分は神経質な人間だから、なんて言うのは自惚れだ!そんな事はどうでもよい、一瞬一瞬を爆発させろ!」などと言っていたのをおもいだす。

人間は一瞬にして変化できると僕は信じている。過去の自分に囚われさえしなければ。

過去は、もうどうしようもない 。手にとって実感する事は不可能だし塗り替える事もできない。そんなものに囚われるより、唯一手にとって実感できる今の方が何万倍も価値があるとおもうのです。


その価値のある今、例えば「神経質をやめた!」と思い行動すれば、同じ景色が今までと違って見えるとおもう。大事な事は一瞬一瞬の意思と行動だとおもうのです。

2017年9月8日金曜日

目黒リコーダーオーケストラの委嘱で書かせて頂きました。cathédrale

ピアノソロバージョン。

https://youtu.be/-WoMGfcnovw
僕は元々人前に立つのがとても苦手であった。今も変わりなく、時に緊張のあまり 額に汗が大量に出たり、足がワナワナ震えたり、喉がカラカラになることもままある。

この様な自分を今まで、みっともないな〜、カッコ悪いな〜、と恥ずかしく、また卑しいな、などと嫌悪していました。


先日、テレビをみていたところ、古い木造校舎ばかりを撮る写真家が特集されていた。
ロン毛でなんか内向的で、しかしちょっとオシャレな容姿。

彼は小学生のころ、イジメ、などから不登校になり長年に渡り引きこもる生活をしていた。元々対人恐怖症などもあったので、みんなと溶け込めなかったのでしょう。

その彼が、ある時から木造校舎に魅せられ、父と一緒に全国を飛び回って廃校を撮り続け、やがて古い写真を撮る事が自分の使命、仕事だと確信していく。

番組の中で、現在の彼が、母校にて小学生の前で講義するシーンが映し出されていた。内容は、小学生のころの苦い経験、引きこもり、そして写真を撮る事を生業となった現在までのプロセスと、彼の思いを語る、というもの。

小学生相手とはいえ、今も対人恐怖症などは変わらないのでしょうか、彼は明らかに手がワナワナ震えていた。しかししっかりと自分の考えを述べていた。小学生も真剣に聞き入っていた。

僕はそのワナワナ震えた手を見た時、決してカッコ悪いとか、みっともないとは思わなかった。

むしろ、素敵だな、ちょっとカッコ良い!とさえ思った。恐らく、震える手のカッコ悪さを乗り越え、自分の信念を皆んなに必死で伝えようとする姿に感動したのだと思う。
と同時に 同じ様な自分を肯定出来るきがした。

大事な事は、全て自分の中にある、いくら表現が不細工でも、信念と勇気があれば相手にはチャンと伝わる、と思った。

よーしこれからは、堂々と額に汗をかき、震え、喉をカラカラにさせよう!カッコの悪い自分を全面にさらけ出せば良い、と思った。

どんなに無茶苦茶になっても、自分の信じている筋を、美しいと思う事を、正しいと思う事を相手にぶつければ良いんだ! とその彼に気づかせてもらったきがした。

カッコ悪いって、実はカッコ良いのだ、

カッコ良いって、ちょっとカッコ悪いのかも?とも思った。

2017年8月15日火曜日

川端康成 山の音を読んだ。

三島由紀夫が「芸術として完璧な作品 」と絶賛していたのがきっかけとなった。

この作品は、家の裏山の山の音に自分の死期を予感した老年の男性が 自分の息子の嫁 菊子に淡い恋心を描く、と言うのが主題。

まず驚かされたのは、構成なんですが、どこまで行っても物語の起伏が 限りなく平坦で、劇的なクライマックスなどはほとんど見られない。謂わば淡々と時間が静かに流れていると言って良い。
普段から作曲をする僕にとって、常に構成に関して神経をそそぐけれど、この様な平板な流れはとても恐ろしくて書けない。だってクライマックスが殆どないんだもの。

しかし一方では、錆びつこうとしている主人公、清らかな菊子、戦争により精神が腐りかけている長男を交互にグラデーションする事によって、日本人独特の情念や 悲しみが醸し出されている。
古い畳の匂いがする簡素な部屋に 白いいちりんの百合がいけてある。と言った印象を受ける。

反面、究極のエロチシズとも言えるのではなかろうか。 それを想像させるシーンは一度も現れないが、、、

また、老年の恋、と言う未だ未経験の感情に強い好奇心を持った。

2017年6月15日木曜日

人間失格を読んで。


太宰治に関しては昔からあまり良いイメージがなく、走れメロスは読んだ事があるくらいで、ずっと避けてきた。これには少々理由がある。

僕の父親はもともと作家志望で、最も傾倒していたのが太宰治だったのです、僕は父親の事を一芸術家としては大変尊敬しつつも、父親としては結構めちゃくちゃな人でしたので困惑したことが多々ありました。
それが故、父親像と太宰治はどうもダブルところもあり、太宰治を木村家の諸悪の根源だ、と小さい頃からずっと思っていました。

しかし偶然にもラジオで先日聞いてしまったものですから、気にもなり本をかって読んでみました。その主人公はそれはそれは他人とは思えないほど、父親というか自分というか、そんな気持ちで一気に読んでしまいました。

彼は最後まで人間との関わりに馴染む事が出来ず、おどけ、酒、最後はモルヒネと手を染めていわゆる廃人となって行くのです。
ああ父親は逆にこの滅びて行く様にずっと憧れていたのだろうな、と思った。

そんななんとも複雑思いがこみ上げてくる作品ではありますが、久しぶりに父親の汗の匂いを嗅いだ様な気がしました。

この作品の最後の下り、とても印象的で した。〝今は自分には、幸福も不幸もありません。ただいっさいは過ぎてゆきます〟
 そして第三者に言わせてはいるが唯一自己肯定しているあとがきの最後の下り〝わたし達の知っている葉ちゃんは、とても素直で、よく気が効いて、あれでお酒さえ飲まなければ、いいえ、飲んでも、、、神様みたいないい子でした〟

本当に涙が出ます。

2017年5月28日日曜日

愛想の悪い焼き鳥や

僕は、この人ひょっとして ぼくと同じ様な考え方する人ではないか 、と思う人にごく稀に出会うことがある。そういう場合、僕は積極的に話しかけ、すぐに友達になろうとは決してせず、まるで大好物のステーキを一気に平らげないがごとく ゆっくりとお近付きになろうとする  妙な習性を持っている。

僕が最近見つけた焼き鳥屋の店主もそのような人の様な気がする。
その店主はと言うと、扉を開けると八の字眉に、いらっしゃい、とも言わずにらみ返してくる。僕は「あのー一人なんです」と恐る恐る席に座ることに。
このタイミングで帰ってしまった客も何人か遭遇したことがあるくらい愛想が悪い。 

店内は8人も入れば満席となるほど狭く、店主は一人で全てまかなっている。 
厨房の壁にはひっそりと「汝の足元を深く掘れ、そこに泉あり」とニーチェの一節が汚い 字で紙に貼られている。メニューも焼き鳥以外は全て680円、焼き鳥以外はあまりたのんでくれるな感が値段に滲み出ている。

もちろん彼とは一言も喋ったことはなく、僕も話しかけようとはしない。
 しかしその店主の働きっぷりは中々ももので、注文を受けてからひとくしずつ手早く刺し、秘伝のタレにくゆらせて焼いたキモなどは絶品なんです。 
 
でも、どうして僕はこの店主に親近感をおぼえるのかな。
多分、この人は、人は好きなんだろうけど、それと同じくらい人の事が怖いのかな、孤独を愛している様にも見える、なんて勝手に思った。
反面、美味しい料理を出したいという心意気をいつも感じる。
 
こんな人なんぼ愛想が悪かろうが好きだなー、また、その人に安心するのは、おそらくこの人も孤独であることを肯定している様に感じるからだと思った。

2017年5月4日木曜日

髭について。

最近僕は髭をはやしだした。これは今風に言えば一種のコスプレ願望から来ているのでは?などと考えている。

鏡に映る自分を見たとき何時もと違う風貌にハッと軽く驚くと共にほんの少し安心した様な変な気持ちになる。

でもなんで少し安心した気持ちになるのかを考えていて、ふと気付いた。

それは自分なんだけどちょっと自分では無い、ちょっとだけ架空の存在に見えるからなんじゃ無いかな?と思った。だから少しだけ安心したのかも、と思いました。

考えてみれば、僕は何時も自分の自我に悩まされている様に思う。自我が強すぎてどうもそれがいつもウザく感じまた、賤しいなーと思うのです。もっと何事もアッサリ考え感じたいと思う。

それがいつもと違う自分が鏡に映った時、自分なのに少しだけ自分でない、いつも悩まされる自我からほんの少しだけ解放されているんだ!だから少し安心したのかも?と思う。

コスプレしている人は多かれ少なかれ そう言う気持ちが働いているのかな?

自我は出来れば死ぬまでに全部消してしまいたいと言うのが僕の理想かもしれません。

それは例えば、仮に誰かが僕を否定的に罵ったとしても、悲しみや怒りなど自分の中に存在しない。

例えば、僕を世界中が賞賛しても、喜びや気持ちの高揚が自分の中に存在しない。という事です。